舌苔を歯ブラシで取りたいあなたに唯一おすすめできる歯ブラシ

hamigaki6

歯磨きをしていると、舌苔を歯ブラシで取りたくなることがあります。


洗面所で歯を磨いていると、鏡に真っ白い舌が映ってしまった。

そのまま、持っている歯ブラシで舌をゴシゴシ。

なんとか、舌苔がきれいに取れた。

きれいなピンク色の舌になってホッと一安心。


実は、これってとっても危険なことだってあなたは知っていましたか?

歯ブラシで舌苔や舌の汚れを除去するのは、とっても危険なんです


逆効果でかえって舌苔が多くなってしまったり、口臭がひどくなってしまったり。

最悪の場合、味覚障害になってしまうことだってあるんですよ。


あなたの大切な舌は、そんな危険な状態になっていませんか?

今回は、舌苔を歯ブラシで落とすことの危険性や、どういう歯ブラシなら安全なのかをお話しします。


あなたの舌を守るために、ぜひ覚えておいてください。


↓↓↓続きを読む前にこちらをクリックお願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村
amazing2

舌苔を歯ブラシで取ると起こるリスク


舌苔や舌の汚れを除去することの何が危険なの?

どんなリスクやデメリットがあるの?

舌を歯ブラシで磨くことの恐ろしさを知らない人は、こんなふうに思ってしまうことでしょう。


でも、舌を歯ブラシでゴシゴシこすることは本当に危険なんです。

そのリスクについて1つ1つ説明します。


舌の表面が保護できなくなる


舌苔なんて汚いものでしかなく、全く必要なものじゃない!

全部きれいに取り去ってしまえ!

舌苔をここまでいらないものだと考えている人もたくさんいます。


ところが、舌苔って私たちの体にとって必要なものなんですよ。

必要なものだからこそ、私たちの体がわざわざ舌苔を作り出しているんです



舌苔は、舌の表面の細胞を保護する役割があります。

舌苔が舌を守ってくれていたなんて驚きですね。


舌の表面は細胞がむき出しの状態になっていて、とてもデリケートなんです

そこで、舌苔を作り出して舌の細胞がダメージを受けないように守っているわけです


舌を守ってくれている舌苔をすべて除去してしまったら、舌はどうなると思いますか?


舌の表面がむきだしになって、何も守ってくれなくなります。

何か食べたり飲んだりするだけで、舌の表面細胞ダメージを受けてしまいます。

ダメージを受け続けた舌の細胞は、やがて破壊されてしまいます。

最悪の場合は、味を感じることさえできなくなり味覚障害になるリスクもあります。



舌苔は、少しの量ならあったほうがかえって舌にはいいことなんです。

どんなに健康で口臭が全くない人でも、舌苔は少しあるものなんです。


うっすらと舌が白いくらいなら、むしろ舌磨きをしないほうがいいんです

舌磨きをするべき目安は、鏡で見たときに舌の表面のブツブツが見てわかるかどうかだと思ってください。


舌を歯ブラシでこするだけで舌が傷ついてしまう


舌の表面を保護する舌苔がなくなるだけでも大変なことです。

さらに、舌の表面を歯ブラシでゴシゴシこするのは、舌にもっと大きなダメージを与えることになります


歯を磨くための歯ブラシの毛先は、しっかり歯を磨くためにとがっています。

かたい歯だったら、とがっている歯ブラシの毛先で少しくらいゴシゴシこすっても傷つくことはありません。

しかし、これが柔らかくてデリケートな舌だったらどうでしょうか?


歯ブラシのとがった毛先でゴシゴシこすった舌は、どんどん傷つきボロボロになっていくでしょう

そもそも、歯茎でさえ歯ブラシでこすったら出血して痛いなんてことがあるくらいです。

歯茎より柔らかい舌を歯ブラシでゴシゴシ磨いたら・・・

どうなるかなんて、あなたにも簡単に想像できるでしょう。


さらに、歯磨きのついでに歯ブラシで舌を磨こうとしたら、歯ブラシには歯磨き粉がついていることになります。

歯磨き粉には界面活性剤などの成分が入っていて、これを舌の表面にゴシゴシ塗り付けるように磨いたら大変。

界面活性剤の成分で舌がさらにダメージを受けてしまうことになるんです。

red1

どんな歯ブラシなら安全に舌磨きができるのか?


歯ブラシで舌を磨くのは危険です。

爪でひっかいて舌苔を取るなんてもってのほか。

舌を磨くときは、専用の舌ブラシを使うことを強くおすすめします。


でも、歯ブラシと舌ブラシの両方を用意するなんて面倒。

やっぱり、歯磨きと一緒に手間も少なく簡単に舌磨きもしたい!


忙しい朝や寝る前の眠い夜にそう思ってしまうのも当然ですよね。

そこで、舌磨きをしても安全なおすすめ歯ブラシをあなたに教えます。


安全に舌磨きができる歯ブラシは回転型だけ


一般的な歯ブラシは、毛先がとがっているので舌の表面を傷つけてしまいます。


回転型の歯ブラシなら、毛先が丸く加工してあるのでとがっていません

舌の表面を傷つけてしまうリスクが少ないです


歯茎をゴシゴシとマッサージできるくらい優しい歯ブラシが回転型の歯ブラシです。

こちらで詳しく解説しています。
一石二鳥!舌苔を取って舌を磨くこともできる他とは違う歯ブラシ


回転型歯ブラシで舌磨きをするときの注意点


安全に舌磨きができる回転型の歯ブラシと言っても、間違った舌磨きをしてしまってはダメです。

間違った舌磨きの方法では、舌を傷つけてしまうリスクが出てきてしまいます。


最後に、回転型歯ブラシで舌磨きをするときの注意点を2つ言います。


まず、舌苔に歯磨き粉をつけて舌を磨かないでください

歯磨きの後に舌磨きをするのなら、歯磨き粉を洗い流してから必ず水だけで舌を磨くようにしてください。


先ほどお話ししたように、歯磨き粉を舌にゴシゴシと押し付けるように磨くと、歯磨き粉の界面活性剤などの成分で舌が大きなダメージを受けてしまいます。

安全な回転型歯ブラシで舌磨きをしても、歯磨き粉で舌が傷ついてしまっては意味がありません。



もう1つの注意点は、力を入れて舌を磨かないでください

奥の方から優しく手前にそっとなでるようにして磨いてください。


力を入れてゴシゴシ磨くと、力で舌がダメージを受けてしまいます。

これは回転型歯ブラシに限らず、舌ブラシで舌を磨くときも同じです。

力を入れ過ぎず、優しく舌を磨いてあげてくださいね。


↓↓↓読んで良かったと感じたらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村


関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
おすすめ口臭対策グッズ
ころころ歯ぶらし
red2
たった1日で数万本を出荷して累計出荷数も26万本を突破した新しい歯ブラシ。使ったレビューはこちら
口臭や歯磨きの問題を全て解決するおすすめの歯ブラシ

薬用ポリリンジェルEX
jeru.jpg
大注目の有効成分ポリリン酸で白い歯と健康な歯茎を維持するための薬用歯磨き。使ったレビューはこちら
歯を磨くのに使うだけで口臭の心配がすっかりなくなる歯磨き粉

薬用ポリリンデンタルリンス
denarurinsu.jpg
「お肌のお手入れと同じように、口の中もお手入れを」という思いから開発された液体歯磨き。使ってみたレビューはこちら
口臭改善と歯を白くする効果が高い液体歯磨きをついに見つけた

美撰なたまめ茶
natamame1
わずか3年半で65万袋を突破!口臭予防するおいしい健康茶。飲んでみたレビューはこちら
なたまめ茶を飲むと口臭予防の効果をたくさん感じた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

KIYU01

Author:KIYU01
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム
お問い合わせ・相互リンクなどのご依頼は以下のメールフォームからお願いいたします